ななごろー
http://nanagoroh.blog7.fc2.com/
World Wide Weblog
U.S.A.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
いつ印象付けられるか
2007-04-30 Mon 12:15

 ポーカーに於いて敵に与える自分のプレースタイルの印象というのも重要になってきますよね(特にタイトプレーヤ).
 基本タイトで堅実な印象を持ってもらえればこそ,ここぞのブラフも通用すると言う訳です.

 しかし,多くのオンラインプレーヤの方のブログで
 「こつこつタイトにプレーした上で,アーリーからのプリフロ4BBレイズに3人もコール!?」
 と言う信じられないような光景がしばしば報告されています.

 そしてここには敵がルーズだった事と共に,大切な事実が表れています.

 そう,敵は

 あなたのプレーなんてチットも観察してくれていないのです!!

 「敵のプレースタイルを研究しよう!」
 「プレーヤノートを活用しよう!」

 と言った助言を多くのプレーヤの方がしてくれています.
 正にその通りでしょう.
 こっちは必死になって敵の癖を見つけようと,プレーの観察に勤しみます.
 し・か・し,敵も同様に自分の堅実さを見てくれているかと言えば,どこにもそんな保障は無い訳です.

 多面打ちをしてたり,
 ネットサーフしながらだったり,
 ブログ書きながら自分の番だけテーブルを見たり…
 (↑僕今正にこれ)
 

 でもそんな彼らに嫌でも自分の印象を付けられる時があります.
 言わずもがな「同じポットを取り合った時」です.

 いくら周りを観察しないプレーヤでも,自分が参加しているゲーム中は固唾を呑んで如何に勝つかを考え,敵の動きを探ろうとしている筈です.
 逆に普段観察しない敵であれば,その一戦で自分が見せたプレーこそ強く印象に残せるでしょう.

 であるならば,今正にポットを取り合おうとしている敵に対して重要になってくるのは,今日これまでの間に相手に対して行ったアクション・見せたハンドのみと考えるべきです.



 …と考えていくとですね,えらいややこしい話になってきますねぇ.
 敵のプレーの観察と同時に自分のプレーも観察する,みたいな?
 敵のプレーヤノートに自分のプレーも書き込むとか?



 ふー…


 ほんと,ポーカーってめんどくさいゲームですね.


スポンサーサイト
別窓 | POKER | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
いつ手を見せるか+α
2007-04-01 Sun 23:55

 ホールデムにおいてはショウダウンせずに勝ったハンドはマックが基本ですよね.
 オンラインだと「オートマック」機能があるので,普段はそれを使っています.

 でも場合によっては手を見せることがそれ以後有利に働く場合もあると思います.

 僕はプレミアムハンド系のプリフロレイズを唯のポジションベットと取られない為にのみ手を見せる事があります.
 タイトで堅実なイメージを持たせたいが為ですね.
 それでも基本的にはオートマック派なので,たとえボタンでAKなんかが来てレイズした場合でも,必ずしも見せる訳ではありません.
 ではどのような場合に見せるようにしているか.
 一概に決めている訳ではありませんが,以下のような条件の場合に見せる事があります.

 ・相手が悩みに悩んでフォールドした場合
 「あなたの判断は間違っていなかったよ.僕は持ってたよ.僕のレイズは信用に値するよ」とのメッセージを込めて.

 ・相手が手を見せてフォールドした場合
 「見せてもらってばかりでは申し訳ないのでお返しに」の気持ちを込めて.

 いずれにしても,いい手が来たからといっていつも見せていては逆に「じゃあ見せない時の手は何なんだよ!」と言う印象も持たれかねませんので,あくまでも「僕は普段はオートマックなんだけど,あなたがどうしても僕の手を見たそうだから見せてあげますよ」的な空気を醸しつつです.
 

 そしてここで僕が使っている秘儀
 「実際には見せてないのに相手には手を見せられたかのような印象を与える戦法」
 をご紹介しましょう!

 ま,引っ張るほどの物ではないです.


 要は「チャットで手を教える」です(そのハンドが終わった後にですよ).


 しつこいようですが普段はオートマック派である事を印象付けた上で,
 「あ,ごめん!今見せたかったけんだどオートマック機能でマックされちゃった!でも実際はこれを持ってたんだよ!!」 という雰囲気を作りつつチャットで手を教えます.

 そしてこの場合,本当の手を教える必要はありません
 と言うよりむしろ「堅実プレーヤを印象付けるブラフ」として使用します.
 実際にはフロップミドルペアでのセミブラフ的なベットに対して,トップペアグッドキッカーだった事を装うかのように
 「KT」
 「AJ」
 とか,ボソッと呟く様に書き込みます.

 これはオンラインならではの画期的ブラフ戦法ではないでしょうか!?



 但し,どれ程の効果を上げているかは謎です.



別窓 | POKER | コメント:2 | トラックバック:1 | top↑
| Petty Cash ★ Gambler |
copyright © 2006 Petty Cash ★ Gambler all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。